CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
あわせて読みたい
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひまわり事件
 荻原浩 ひまわり事件

ひまわり事件
ひまわり事件
文藝春秋 2009-11-13
売り上げランキング : 115765


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
幼稚園児と老人がタッグを組んで、闘う相手は? 隣接する老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。園児と老人の交流を大人の事情が邪魔するが・・・・・・。勇気あふれる熱血幼老物語!
| 荻原浩さん新刊情報 | 13:56 | comments(35) | trackbacks(0) |
オイアウエ漂流記 新潮社

 荻原浩 オイアウエ漂流記 新潮社



お得意さまと、無人島!? ありえないメンバーでのサバイバルは、だけど、意外に明るかった――。

塚本賢司、28歳。嫌々でかけた接待出張で、やって来たのは……無人島!? たまたま乗り合わせた飛行機が遭難し、南の島に流れ着いた十人と一匹。水なし、火なし、愛はアリ(?) 黒〜い本音も秘密の過去も、隠しきれない毎日だけど、誰もが精一杯の時間はかけがえなくて――。ちょっぴり苦くて温かい“オトナのための漂流記”。

</pre>

オイアウエ漂流記
オイアウエ漂流記
| 荻原浩さん新刊情報 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょいな人々


ストレスに絶対効くショート・ストーリーズ。隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話


発行年月: 2008年10月31日
本体価格 1,524円 (税込 1,600 円)

今回は文藝春秋からの出版です。
この作品が直木賞候補に選ばれたら受賞の可能性が高いのではハート


| 荻原浩さん新刊情報 | 10:33 | comments(9) | trackbacks(0) |
さよならバースディ 文庫落ちです
さよならバースディ (集英社文庫 (お52-3))さよならバースディ (集英社文庫 (お52-3))
荻原 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 荻原浩さん新刊情報 | 11:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
愛しの座敷わらし 4月4日発売です
愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
荻原 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大切なものは、どこにあるだろう−。東京から田舎に引っ越した高橋一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。『朝日新聞』連載を単行本化。



| 荻原浩さん新刊情報 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日の記憶 文庫落ち
明日の記憶 (光文社文庫)明日の記憶 (光文社文庫)
荻原 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 荻原浩さん新刊情報 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
「さよなら、そしてこんにちは」 予約開始です。
2007年11月に新刊が出るみたいです。

楽天では早くも予約開始。(*^_^*)
価格は1,575円の予定です。


【予約】 さよなら、そしてこんにちは

さよなら、そしてこんにちは
433492574X荻原 浩

光文社 2007-10-20
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




時代に翻弄される人たちの可愛しさ、哀しさを描く。ユーモアあふれる軽妙洒脱
な文章で綴る、書下ろし一作を含めた短編七作。
「血液サラサラ!ブルーベリー三十粒で、バナナ二本分、納豆ニパック分」
スーパーマーケットに勤務する松田孝司は、食品課・非生鮮係長。加工食品や菓子などの売場責任者だ。主婦をターゲットにした高視聴率番組で紹介される商品は、翌日の売り上げに確実に跳ね返ってくる。自分の血がドロドロだろうがサラサラだろうがいっこうに構わないのに、メモまで取りながらテレビを見るのを習慣にしている。その日、ライバル店では朝からブルーベリー関連が店先に山積みになっていた。CMスポンサーである大手には、事前にテレビ番組の情報が流され、仕入やプロモーション展開に活用するという話は知っている。松田は、事前に情報をキャッチすることはできないか、「関係者」を探した。そして遂に、肩書きはプロデューサー、昼のワイドショーを放送しているテレビ局の名が燦然と刻まれた名刺を差し出す男と知り合った・・・・・・。
「スーパーマンの憂鬱」
「寿し辰」の主人、戸花辰五郎は、いつにも増して不機嫌だった。カウンター向こうにで不景気な面を並べた客たちを、酢の加減を舌で確かめる時のように顔をしかめて見下ろし、ふんと鼻を鳴らす。月末の木曜日。本来なら稼ぎ時なのだが、相変わらず客といえば、貧乏ったらしくゲソを肴にちびちびビールを飲んでいる常連客三人と、若い男女の二人連れ。常連客の一人は、「やっぱりマスコミに出ると、客筋が悪くなるよ。ねぇ」などとゲソをしゃぶりながら講釈をたれている。その「ねぇ」は自分に向けられている。辰五郎は、なぜ客が来ねぇと毎日のように尋問し続けていたのだ。八時前、一見の客が入ってきた。ひと目で金にならない客だとわかった。だが、下働きの健司が、その男をテレビで見たことがあると声をひそめた・・・・・・。
「寿し辰のいちばん長い日」




| 荻原浩さん新刊情報 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>